ホームページが上手く表示されない原因
400番~500番エラー

HOME | ホームページが上手く表示されない原因400番~500番エラー

ホームページが上手く表示されない原因
400番~500番エラー

HOME | ホームページが上手く表示されない原因400番~500番エラー

私が執筆者です。

山形県長井ネット
 色摩 正暢(50)

 

 
 

 「403 Forbidden」というエラーが表示されてホームページが見られない。

 

403 Forbiddenエラーは、アクセス権限がない場合に発生します。

【考えられる要因】

サーバーのご契約が有効でない(サーバーの「凍結」状態)
インデックスページがあることを確認する
ウェブサイトのコンテンツがサーバーの正しいディレクトリにアップロードされていない
上位フォルダが削除されている
特定のIPアドレスからアクセスを拒否している
パーミッションに誤りがある
.htaccessの記述に誤りがある
WAF設定により不正アクセスと判断され拒否されている
パーミッションの設定ミス
アクセス過多(サーバー負荷)
DNSに問題がある

 
 

「404 Not Found」というエラーが表示されてホームページが見られません。

404 Not Foundエラーはアクセスしたファイルが見つからない時に発生します。

【考えられる要因】

アクセスしたURLに誤りがある
ネームサーバーが設定されていない
アクセス先のファイルが存在しない(アップロードされていない)
消去されたページを表示している
表示しようとしているリンク先がリンク切れしている
リダイレクトの設定が失敗している

 
 
 

「500 Internal Server Error」というエラーが表示されてホームページが見られません。

プログラム自体へのアクセスは行えているが、実行ができない(処理が完了しない)場合に発生するエラーです。

 

【考えられる要因】

 

CGIやPHPの同時接続数が多くなり、アカウント単位のリソース制限となっている

PHPへのアクセスにおいて「500 Internal Server Error」エラーが発生し、エラーログ上に「Resource temporarily unavailable」が表示される場合はこちらに該当します。
また、CGIへのアクセスにおいて断続的に「500 Internal Server Error」エラーが発生し、CGIが実行できるときとできないときがある場合もこちらに該当する可能性があります。
プログラムへのアクセス集中等により発生しますが、すでに稼働中のプロセスが終了し、リソースに余裕が生じるととともに自動的にエラーは解消されますのでしばらくお待ちのうえ改めて状況をご確認ください。
あわせてCRONで頻繁にコマンドを実行されている場合、実行頻度を調整するなどご検討ください。
 

プログラムの記述内容(CGI/PHPのソースコード)に誤りがある

CGI、PHPへのアクセスに際して「syntax error」「Call to undefined function ******()」「failed to open stream」などのエラーが発生している場合、ご利用のプログラムにおける記述上のミスや必要ファイルの不足、PHPバージョンの相違等によりエラーが発生している可能性が考えられます。

 

.htaccessの記述に誤りがある

.htaccessに対するエラーにて「Invalid command '*****'」や「Expected </IfModule> before end of configuration」などがエラーログにある場合.htaccessの記述が誤っている可能性が考えられます。
また「php_flag」などのPHPに関する各種設定を.htaccess上に記述した場合もエラーが発生します。PHPの設定は「php.ini設定」にて行ってください。

 

パーミッションに誤りがある

エックスサーバーではセキュリティ上、ユーザー/グループに書き込み権限のあるパーミッション(777など)ではプログラムは実行できません。
CGIファイルのパーミッションが 777 の場合や、パーミッションが 777 のフォルダ上にプログラムを設置している場合、エラーが発生しますのでご注意ください。

 

ブラウザのキャッシュを削除する。

キャッシュ(閲覧履歴)が効いているといくら更新しても古いサイトが表示されます。
 
 
 

「503 Service Temporarily Unavailable」と表示されてホームページが見られません。

同時接続数(同時アクセス数)が多い場合やCGI/PHPなどの負荷が大きい場合の一時的に表示されるエラーです。

【考えられる要因】

WEBサイトへのアクセスが多くサーバーに負荷がかかっている
Webサーバーへの同時アクセス数の制限をこえた場合やWebサーバーがメンテナンス中などによりリクエストに応答できない場合に出力される

 

「510 Not Extended」というエラーが表示されてホームページが見られません。

静的ファイル(htmlファイル、画像ファイル等)へアクセスが集中した場合の一時的に表示されるエラーです。

【考えられる要因】

WEBサイトへのアクセスが集中している

ネットショップの作り方
Bind up無料プレゼント

 
ネットショップの作り方2020【Bind up】.pdf