大企業から学ぶ
ホームページの作り方
【ネットショップ編】

サイト更新日 2020-07-09
HOME | 大企業から学ぶホームページの作り方【ネットショップ編】

私が執筆者です。

「山形県長井ネット塾」代表の色摩 正暢(49)です。

このホームページからバインドアップ無料お試し、お申込みして頂いた方には
優先的にサポート致します。
 
 Bind up公式サイトはこちら>>

 

大企業のショッピングモールはご存知の通り
閲覧者の購買心理が全て計算され作られています。
 
文字の大きさ、画面のレイアウト、バナーの色から画面の動きまで。
プロ中のプロが作り会社によっては億という資金を投入します。
 
その構造や色使いを真似て作ると
売れやすいホームページが出来てしまいます。
 
どうせ作るなら売れるホームページを作らなければ
労力も水の泡です。
 
 ご参考になれば幸いです。

動画でも解説しています。

 

大手ネットショップの共通構造

全体像

 

 

詳しく1個1個見ていきます。
カテゴリーの位置

 

 

見出し(ショッピングカートは右上にあります)

 

 

スライドショーは手動です。

 

 

商品の陳列は商品写真の一覧です。

 

 

リンクボタンの色は一位「赤」二位「オレンジ」

 

 

まとめ

大企業のショッピングモールの共通点で
テンプレートを作ってみました。

 

 

感想

リンクボタンはショッピングサイトの命とも言えます。
色は暖色系
大きさも大きめの方がクリックしやすい時があります。
(わざとらしくない程度)
注目させたいものは画面の左に配置した方がいいことが分かります。

今回参考にした大手ネットショップ

Amazon

 
 
 
 
 
 

 楽天市場

 
 
 
 
 
 
 
 

ヤフーショッピング

 
 
 
 
 
 
 

wowma

 
 
 
 
 
 
 

 

このホームページは バインドアップで作られています。

バインドアップの使い方
ご質問・お問合せはこちら

 お名前、メアド、電話番号等はご希望の方だけご記入ください。

  

   
※このホームページは バインドアップで作られています。